湘南美容外科

湘南美容外科 オフィシャルHP

概要

 なぜか、整形手術はマイナスイメージをもたれるものです。親からもらった身体にメスを入れて改造するということに対して、倫理感覚が繊細な日本人にはどこか異常性が感じられたのでしょう。しかし、一昔前に比べるならばマイナスイメージは薄らいだものです。
 このマイナスイメージの改善に一役買ったのが湘南美容外科です。湘南美容外科では有名人に対して整形手術を施して広告塔に用い、メディアに積極的に露出して行く事によって美容整形から少しずつ特殊色を除いていったのです。

湘南美容外科の特徴

・情報の可視化を重視しているため、治療の実績を細かく公開している
・施術の前後の症例写真を多数掲載しており、その多さは世界一である
・美容に関する診療科目が豊富である
・モニターに応募する事で割引価格で治療を受けることができる
ということが挙げられるでしょう。
 情報の可視化というところを見れば、美容整形に関しての情報が非常にクリアになっている事が分かるでしょう。例えば「約15000件」とは表記せずに「15647件」というように明確な数値が表示されるようになっており、ここから誠実さを感じ取る事ができます。
 また、症例の写真の数は世界一の多さを誇っており、それらを見る事で、自分の希望する施術を受けることによってどれくらい理想に近づくことができるのかがわかることと思います。この写真を充実させるために随時モニターが募集されており、モニターは割引価格で施術を受けることができるのです。
 
 また、カウンセリングが抵抗と感じる人のために、チャット相談が提供されています。メールや電話、訪問での相談がしにくいと思っている人は、チャット相談をすることによって、専門のスタッフが様々な質問に答えてくれます。

湘南美容外科 オフィシャルページはこちら

1.なぜその手術をやろうとしたか     私の目は、左目が奥二重・右目が一重の左右非対称です。   左右の目の大きさや雰囲気が違っていて、右目はいつもアイプチやアイテープで二重にしていました。   ですが、周りの友人と旅行に行ったり、彼氏の家に泊まりに行ったりして二重が取れてしまうのがとても嫌で、コンプレックスでした。   そんな時、たまたま行った居酒屋で近くに座っていた女の子がとても目を引く容姿で可愛かったので、ちらちら見ていたんです。   すると、会話の中で「私整形して二重にしたの!」と突然発表してびっくり!   その時、「そうか、整形すればこんなに可愛 ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   ボトックス注射に興味を持ち始めたきっかけは、「食いしばり」でした。   ギリギリと音を立てるほどではないのですが、寝る時には常に口が閉じ、そして奥歯をぎっちりと噛んだ状態でした。   口を開けたまま寝ようとしたり、逆に寝る直前に割り箸などを強く噛んだりして対処したのですが、気づくと歯をグッと噛み合わせています。   マウスピースも、結局のところ噛んでしまうことに変わりはありません。   マウスピースは歯を守るためのものであり、食いしばりを根本的に解決するものではないのです。   私が食いしばりの結果悩まされている肩・首こりからくる頭痛には効果が ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私はあごが大きく丸く、顔の下半分がもたついた輪郭がコンプレックスでした。     あごや口周りがキュッと引き締まったシャープな輪郭になりたくて、小顔マッサージや表情筋トレーニングなどを試しましたが、顔の形は変わりませんでした。   あるとき、顔の輪郭へのコンプレックスが爆発する出来事がありました。   憧れていた男性に告白した結果……   「悪いけど俺、綺麗な子や可愛い子が好きなんだよね」   と、容姿が原因でフラれてしまったんです。   もともと顔に自信があったわけではありませんでしたが、大好きだ ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私が整形しようと思った背景には、私が幼い頃から太っていてイジメられていたことにあります。   小学校の低学年頃までは仲良く平和に暮らしていたはずなのに、中学年あたりになると、周囲が「他の人と違う」ということを意識し始めたようです。   はじめは「デブス」、「デブス」と悪口を言われるだけで済んでいたのですが、高学年になったころには陰湿で暴力的な嫌がらせが増えました。   私が努力すればイジメはなくなるだろうと考え、小学5年生にしては過酷なダイエットを始めました。   中学生になり、2年生になる手前で標準体型になりました。   続いていたイジメもな ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   美容整形をして「二重になりたい!」と思ったのは高校になった頃からでした。   もともとまぶたが分厚かったんです。   どんなアイプチ、アイテープを使っても、夜に付けて寝ると二重になるという商品や絆創膏など、道具はたくさん試してみました。   でも、二重にするのはムリでした。   一重で、まぶたが分厚いことにコンプレックスを抱いていました。   私の通っていた学校は表向きは「禁止」だったものの、「メイクをして登校するのが当たり前」の学校でした。   これが、私のコンプレックスを増長させることになります。   ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   10代のころから、ぼったり重たいまぶたが嫌いで仕方ありませんでした。   両親ともに二重なのに、「なんで私だけ?!」と思っていましたし、スッキリしないまぶたがコンプレックスになっていました。   高校生になった時に、二重に憧れて購入したのがアイプチでした。   コツをつかめばきれいに二重になるし、メイクをしてしまえばアイプチだとも分かりません。   価格も安いし、これはいい!と思い、それからはずっとアイプチを愛用するようになっていました。   気がつけば、アイプチと濃い目のアイラインでごまかす日々を過ごしていました。   かれ ...

こんにちは、たかはし うにです。   わたしは去年の12月に、湘南美容外科の「ナチュラルベーシック法」で二重の整形をしました。    整形というと、世間的にはまだ良いイメージを持たない人が多いですが、わたしは「お金に余裕があり、自分のコンプレックスを変えたいという悩みがあるならするべきだ」と思います。   全面的に推奨しているわけではありません。   ただ、「やってみたい。けど、どうしよう」と踏み出せずにいる人は、わたしの体験談を読んで、整形するか、しないかを検討材料にしてもらえればと思います。       1.なぜその手術をやろうとしたか   ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私は30代前半で「ショッピングリフト」を経験しました。   美容整形で顔のたるみを解消する施術法は数多く存在します。   しかし、例えばヒアルロン酸の注射は安いものの副作用が心配。   高度な医療機器を使うのは副作用の心配が比較的ないイメージでしたが、数十万円もかける余裕はありません。   なんとか十数万円程度の価格で済むような美容整形の方法はないか…と考えた結果、針や糸を顔に入れてたるみを治してもらおうと決心しました。   これから書く体験記で、針や糸を使う施術の中でもショッピングリフトを利用することにしたきっかけを紹介していきます。 ...

私が埋没法の手術を受けた理由   私は大学卒業間近だった23歳の時に埋没法の手術を受け、二重まぶたを手に入れました。    私の目はもともと重たい奥二重で、タレ目なこともあり、人に無気力な印象を与えてしまうことがコンプレックスでした。    自分としては元気に振舞っているつもりなのに、「眠いの?」「疲れてる?」と聞かれてしまうこともありました。    ぱっちりとした二重に憧れて、アイテープやアイプチの類を試したこともありましたが、不器用なせいでバレバレの仕上がりに。    肌が弱いこともあり、まぶたがかぶれてしまったりして散々な結果に終わりました。  ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私が小顔レーザーをやると決めたきっかけは、25歳の時、すっぴんでふと鏡を見たときに自分のほうれい線と目元のシワ、やや頬が垂れていて、驚いたことでした。   私は大学を卒業してから4年間、営業職をしていました。   そのため、毎日6:30出勤、仕事が終わって自宅に到着するのは23時過ぎで、休日は月に2日程度だったため、自分の老化現象に気づかずに3年間過ごしてきました。   ただ、営業職だったので、「外見には気を配るように」と上司から日々言われていたこともあり、メイクは毎日していたので、日中鏡を見ても、自分の老化に気づくことがありませんでした。   確かに思い返して ...

1.なぜその手術をやろうとしたか    私が二重埋没法を行った理由は、二重幅を広げたかったからです。    私は現在20代後半なのですが、手術を行ったのは約5年前、20代前半の頃でした。    当時、今では当たり前になっているカラーコンタクトが流行りだして、濃い目のギャルメイクが流行していました。    そして今では恥ずかしい話ですが、大学生だった私もギャルメイクをしていました。        私は、もともと二重だったのですが、二重幅が狭いことと、むくみがひどい日は奥二重になることを長年悩んでいました。    手術前は、自分の満足いく二重にするた ...