入れ墨除去

 ファッションが多様化することによって、入れ墨を入れることにも余り抵抗が無い時代となりました。日本では入れ墨といえばヤクザなどの一部の特殊な人々のみが背負うことを許されたものであったため、入れ墨一般的なものではありませんでした。
 一般的になったのは海外のタトゥーの影響でしょう。若者は安易に小さなものをちょっと入れたりすることが多くなりました。
 しかし、安易にいれてしまい、あとで後悔する人が多いものです。自分はヤクザとして生きていくという覚悟の現われであれば後悔する事も少ないのでしょうが、遊び半分で入れて後悔する姿は実に哀れです。
 安易に入れてしまった入れ墨を消すためには様々な方法があります。

レーザー

黒や青の一色の場合や、色の濃い箇所に反応しやすいのがレーザーであり、繰り返し照射することで、徐々に色を薄くして行く事ができます。
 メリットは、薄く小さなものならば1回の照射で除去できることもあること、術後の痛みや腫れがほとんどないことなどが挙げられます。

切除

小さなものであり、皮膚を切って縫える大きさのものは、一本の傷にしてしまうことができます。幅の広い入れ墨は、2回に分けて切除することもできます。
 仕上がりは切った古傷のような傷跡になります。できるだけ早く消したい人に向いている方法です。

剥削

入れ墨が広範囲になっていたり、カラフルでレーザーに反応しにくい場合には、皮膚の表面を削っていきます。そして色を薄くしたところでレーザーによる改善を試みます。
1~2ヶ月で皮膚が乾いてくると、火傷の跡のような傷がのこりますが、年月とともに次第に落ち着いてきます。

皮膚移植

 太腿や背中など傷跡が目立たない部位から皮膚を取り、移植して入れ墨部分を覆ってしまいます。
広範囲の入れ墨や、レーザーでは反応しにくいカラフルな入れ墨に有効です。