脂肪吸引

脂肪溶解注射

脂肪吸引は理想の体系に近づく事ができるものの、急激な変化によって外科的方法を用いた事が周囲に分かってしまいます。しかし脂肪溶解注射では数回に分けて徐々にサイズダウンしていく方法であるため、周りに気づかれずにサイズダウンしたい方にお勧めです。脂肪溶解法は、ヨーロッパを中心に広まった痩身法です。
方法としては、患者の希望に沿って脂肪やセルライトを分解する薬液を注入する事によって、やせたい部分の脂肪を落として行く事ができます。1回の施術時間は10分くらいで非常に手軽に行う事ができ、脂肪量や部位に応じて最大6回程度の注射を行います。
 施術の跡には軽い痛みが現れるという特徴があります。効果の実感には1~2ヶ月がかかり、その間に数回に分けて注射していくため、周囲に気づかれずにやせて行く事ができるのです。脂肪吸引に比べてダウンタイムが無いのも特徴です。

脂肪吸引

 脂肪吸引とは、文字通り脂肪を吸い取っていく方法です。以前はポンプで吸引していましたが、最近ではカニューレという管によって吸い取る事によって施術の跡がほとんど目立たなくなりました。またカニューレは細いため、血管や皮下組織を傷つける恐れもないため安全な方法といえます。ただし、脂肪吸引は1回でストンとサイズダウンできる代わりに周囲にばれるデメリットがあります。
 脂肪吸引では脂肪そのものを吸い取ってしまうため、リバウンドの心配もありません。始終にかかる時間は30~60分です。術後の回復も早く、痛みや腫れは(個人差はあるものの)1~2週間で収まります。
 脂肪吸引法は手作業で行うため、医師の技術力には注意したいものです。皮下に管を挿入するのですから、下手な人にはして欲しくないのは当然のことです。クリニック選びの時には腕のいい医師の在籍するクリニックを選びましょう。

1.なぜその手術やろうとしたか    私は幼い頃から下膨れがコンプレックスでした。    思い返せば、幼稚園の頃から「ほっぺたに何か入ってるの?」とか「へんな顔の形!」など冷やかされて、幼い心ながらとても傷ついていたのを覚えています。    友人やクラスメイトから、下膨れについてからかわれたり指摘される度に母に相談をしていました。    みんな顔が卵のような形をしているのに、私だけ頬が膨らんでいるのはどうしてなのか。    「いつになったら私はみんなのように顔が細くなるの?」という繰り返される私の質問に、母の返事はいつも「大きくなったら自然に細くなるから。」でした。    ...