二重まぶた

埋没法による二重まぶた

まずは、手軽に二重にしたい方には埋没法がおすすめです。

メスを使わずに手軽に行う事ができ、費用も安く安全性も高い二重術で、人気の高い方法な為、アイプチをやるのが面倒になった方が良く行うようです。

二重を作るラインに沿って、まぶたの裏から細い糸を通して2~3カ所を縫いとめることによって固定させます。
簡単な方法であり、施術時間は約10分です。切開しないため術後の腫れほとんどみられません。

施術中にはもちろん麻酔をするので痛みを感じることはありませんが、術後に麻酔が切れると多少の痛みを感じることもあります。

施術後2カ月以内であればまだ二重が形成されていないため、イメージと違っていれば元に戻したりやり直すこともできます。

ただし、埋没法ではまぶたの腫れぼったさはそのままになるため、幅の広い二重の場合には、二重が戻ってしまうこともあります。

切開法による二重まぶた

これは腫れぼったいまぶたや垂れたまぶたの人に対して行います。

切開というくらいですから、当然メスを使った二重術となります。目の上の脂肪を取り除くことによって、くっきりした二重を作る事ができます。まぶたを切開し、余分な脂肪を切除してから縫い合わせてお好みの二重を作ります。

切開法で作った二重は永久にとれないため人気が高く、一重から二重にするのはもちろん、腫れぼったい二重からすっきりした二重にしたい人にもおすすめの施術です。

 傾向としては、まずは埋没法で実施をして、そのあと切開法を行う人が多い様です。

施術時間は約30分です。麻酔をするため施術中の痛みはほとんどありません。術後の腫れ具合には個人差があるものの約1~2週間でおさまり、傷跡はほとんど目立ちません。ただし、施術費用は埋没法より高くなっています。

1.なぜその手術をやろうとしたか     私の目は、左目が奥二重・右目が一重の左右非対称です。   左右の目の大きさや雰囲気が違っていて、右目はいつもアイプチやアイテープで二重にしていました。   ですが、周りの友人と旅行に行ったり、彼氏の家に泊まりに行ったりして二重が取れてしまうのがとても嫌で、コンプレックスでした。   そんな時、たまたま行った居酒屋で近くに座っていた女の子がとても目を引く容姿で可愛かったので、ちらちら見ていたんです。   すると、会話の中で「私整形して二重にしたの!」と突然発表してびっくり!   その時、「そうか、整形すればこんなに可愛 ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私はまぶたの脂肪取りと切開法の手術を受けましたが、その理由は埋没法の手術をしたものの、まぶたの糸が取れてしまったことが原因でした。   最初に埋没法で手術をしたのは、メイク時間の短縮が目的でした。   当時は毎日2時間かかっていたのでこのままでは睡眠時間がなくなってしまう。   仕事が忙しくなりはじめ限界を感じました。   アイプチやアイテープなどを使用する前はそれはもう・・・   小学生のころは「ウルト○マンレオに似てるね」などと言われたりもしまし ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   一重がコンプレックスだった私は、石原さとみさんや井上真央さんのような、はっきりしているけどわざとらしくない「カラコンや派手な化粧をしなくても映える二重」に憧れていました。     アイプチや絆創膏で一重のまぶたを二重にごまかして過ごしていました。   数ミリ幅に細く切った絆創膏の粘着部分を、二重ラインに沿って貼る方法です。   eggや小悪魔ageha、popteenなどの雑誌、モデルさんのブログの影響でばんそうこうを貼るのは主流の方法になりつつあります。   メリットは、アイプチや液体の二重のりより自然でコスパが良い・はがれにくいこと。 ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私は生まれつき左右の目の大きさが違い、思春期を過ぎた頃から急に気になりだしました。   親も同じなので多分遺伝です。   左目は二重ですが、右目は奥二重、といっても限りなく一重に近い奥二重なので大泣きした次の朝や、熱がある時くらいしか二重のラインを見ることができませんでした。     学校の集合写真はもちろん、友人とのスナップ写真やプリクラを撮るのも苦痛になるほど奥二重はコンプレックスでした。   学生の頃にはじめてアイプチを知り「整形手術をしなくても二重になれる!」と大喜びし、それから数十年もアイプチを愛用してきました。   ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私はとにかく自分の容姿に自信がなくて、「整形手術を受けたい」という願望を常に持っていました。   鼻にプロテーゼもしましたし、豊胸手術も受けました。   目はある程度「ついでで手術してもいいかな」というぐらいの気分で、正直手術を受けるか迷っていました。   でも、調べているうちに高須クリニックがどうしても気になって、手術を受けることに決めました。   私の場合、整形する前も二重でしたが、二重の幅やまぶたの形に不満がありました。   写真をもとに、手術前のまぶたの状況を説明しましょう。     写真を ...

1.なぜ二重埋没法を受けようと思ったか   私は物心が付いた時から、自分が二重まぶたであることに対して強いコンプレックスを持っていました。     写真の通り、重たくて細い目をしていました。   同級生の男の子に「えなりかずきみたい」とからかわれたこともありました。   中学時代は自分に自信がなく、何より自分の顔がすごく嫌いでした。   高校に入学すると同時に毎日、アイプチをして登校する生活が始まりました。   アイプチをしているときは自分に自信が持てたのですが、学校のプールの授業の時は絶対取れてしまうのでプールに入るのがとても嫌でした。   ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   逆さまつげに悩むこと20年以上…ちょうど仕事を辞めたタイミングで時間があったので手術を受けてきました。   上まぶたは全切開法で二重まぶた形成、下まぶたはまつげ内反症の手術を、両目同時に受けました。   術前の目の写真です。     両目とも奥二重で、上下とも逆さまつげで眼球に刺さっています。   まつげがビューラーではカールしないくらいまぶたの重みがあったので、無理矢理パーマをかけています。   逆さまつげはもちろんですが、眉毛と目の間の広さが広いのが悩みでした。   まつげにパーマをかけてくれる ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   この写真は1回目の目の手術の後、糸が少し取れてきてしまった状態の写真です。     まずは1回目の失敗談からお話ししましょう。   1回目の手術は埋没法でした。今から9年前、2008年のことです。   はじめて手術をしたのは高校生の時で、費用は、1回目が両目で4万円。   お金もないので金額が安いところにしました。   整形の中ではだいぶ安いと思いますが、高校生がそんな額を出せるわけもないので、親に出してもらいました。   二重にしたいと思うような大事件があったわけではありませんが、中学校に入るとき ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私が整形しようと思った背景には、私が幼い頃から太っていてイジメられていたことにあります。   小学校の低学年頃までは仲良く平和に暮らしていたはずなのに、中学年あたりになると、周囲が「他の人と違う」ということを意識し始めたようです。   はじめは「デブス」、「デブス」と悪口を言われるだけで済んでいたのですが、高学年になったころには陰湿で暴力的な嫌がらせが増えました。   私が努力すればイジメはなくなるだろうと考え、小学5年生にしては過酷なダイエットを始めました。   中学生になり、2年生になる手前で標準体型になりました。   続いていたイジメもな ...

  1.なぜその手術をやろうとしたか   私は大学に入る直前と1年前の9月の2回、埋没法の手術を受けました。   中学生、高校生の頃ははアイプチとメザイクで二重にしていました。   でも、夕方ぐらいになるとアイプチが取れてしまうのが悩みでした。   芸能人やカワイイ人の大半は二重であるように思います。   普段、雑誌を見ていても「私は一重だからこうはならないじゃん!」という気持ちになりました。   大学進学を期に、手術を受けようと決めました。   1回目は湘南美容外科で手術を受けましたが、半年後ぐらいから二重の上下の幅が狭くなっていきました。 ...

1.なぜその手術をやろうとしたか     私が二重の手術をしようと決意たのは中学3年生のときでした。   私の両親は離婚しています。   母親が父親のことがすこく嫌いになって離婚した経緯があったですが、父親似の私の顔を見て「あなたの顔を見るのがすごく嫌だ」と母がしきりに言ってくるのです。   それに、私自身ももともと一重にコンプレックスを持っていました。   「二重になりたい」という願望が強かったんです。   中学校では女性雑誌の裏にあるようなピーラーやアイプチ、アイテープなどの機具を使って二重に見せていました。   でも授業でプールに入る必要 ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   美容整形をして「二重になりたい!」と思ったのは高校になった頃からでした。   もともとまぶたが分厚かったんです。   どんなアイプチ、アイテープを使っても、夜に付けて寝ると二重になるという商品や絆創膏など、道具はたくさん試してみました。   でも、二重にするのはムリでした。   一重で、まぶたが分厚いことにコンプレックスを抱いていました。   私の通っていた学校は表向きは「禁止」だったものの、「メイクをして登校するのが当たり前」の学校でした。   これが、私のコンプレックスを増長させることになります。   ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   10代のころから、ぼったり重たいまぶたが嫌いで仕方ありませんでした。   両親ともに二重なのに、「なんで私だけ?!」と思っていましたし、スッキリしないまぶたがコンプレックスになっていました。   高校生になった時に、二重に憧れて購入したのがアイプチでした。   コツをつかめばきれいに二重になるし、メイクをしてしまえばアイプチだとも分かりません。   価格も安いし、これはいい!と思い、それからはずっとアイプチを愛用するようになっていました。   気がつけば、アイプチと濃い目のアイラインでごまかす日々を過ごしていました。   かれ ...

こんにちは、たかはし うにです。   わたしは去年の12月に、湘南美容外科の「ナチュラルベーシック法」で二重の整形をしました。    整形というと、世間的にはまだ良いイメージを持たない人が多いですが、わたしは「お金に余裕があり、自分のコンプレックスを変えたいという悩みがあるならするべきだ」と思います。   全面的に推奨しているわけではありません。   ただ、「やってみたい。けど、どうしよう」と踏み出せずにいる人は、わたしの体験談を読んで、整形するか、しないかを検討材料にしてもらえればと思います。       1.なぜその手術をやろうとしたか   ...

私が埋没法の手術を受けた理由   私は大学卒業間近だった23歳の時に埋没法の手術を受け、二重まぶたを手に入れました。    私の目はもともと重たい奥二重で、タレ目なこともあり、人に無気力な印象を与えてしまうことがコンプレックスでした。    自分としては元気に振舞っているつもりなのに、「眠いの?」「疲れてる?」と聞かれてしまうこともありました。    ぱっちりとした二重に憧れて、アイテープやアイプチの類を試したこともありましたが、不器用なせいでバレバレの仕上がりに。    肌が弱いこともあり、まぶたがかぶれてしまったりして散々な結果に終わりました。  ...

1.なぜその手術をやろうとしたか    私が二重埋没法を行った理由は、二重幅を広げたかったからです。    私は現在20代後半なのですが、手術を行ったのは約5年前、20代前半の頃でした。    当時、今では当たり前になっているカラーコンタクトが流行りだして、濃い目のギャルメイクが流行していました。    そして今では恥ずかしい話ですが、大学生だった私もギャルメイクをしていました。        私は、もともと二重だったのですが、二重幅が狭いことと、むくみがひどい日は奥二重になることを長年悩んでいました。    手術前は、自分の満足いく二重にするた ...

埋没法を受けようと思ったきっかけ    私は母譲りの奥二重で昔から目が細いことがコンプレックスでした。    小さいときは特に気にしていなかったのですが、高校に入ると本格的にメイクを勉強している子など、美意識の高い子たちが周りに増えてきたんです。    その当時はつけまつげやカラコンが流行りだしたころで、私もファッション雑誌などを購入してメイクについて研究したのですが、どうしても目が二重でないというためだけに理想のメイクができなかったのがたまらなく嫌でした。    とはいえなんとしても二重を作るために、友達の間でも流行っていたアイプチを使用することにしました。    アイプチをしていれば、少し ...

  最近何かと話題を集めている美容整形手術ですが、中でも二重整形手術は非常に人気があり最も需要の高い美容整形手術の一つです。     二重手術とひとくくりに言っても、細かく見ていくといくもいくつか種類があり、どの方法が自分に適しているのか、「情報が多すぎて行動に移せないよ~」・・・というのが実際のところじゃないでしょうか?    なので今回は二重手術を検討している方に向けて、その道しるべになるような情報をシェアしていければなと思います。    それははじめようと思います。       ■二重にする理由   目は口ほどに物を言う・・・という表現がありますが & ...