豊胸

ヒアルロン酸

美容整形では広く用いられているヒアルロン酸ですが、ヒアルロン酸注入は豊胸術にも使うことができます。メスを使わず手軽にバストアップしたい方にお勧めです。手軽に行う事ができるため、バストアップしたいという方に人気のプチ豊胸ともいえる方法です。
ヒアルロン酸はもともと体の中に存在する成分であるため、アレルギー反応などが引き起こされる心配も少なく安全な方法です。注射器で注入するため、傷跡を残さずバストアップすることが可能であり、0.5~2カップまで大きくすることできます。急に大きくすることに周囲の目が気になる人は、数回に分けて徐々に大きくすることもできます。
ヒアルロン酸を注入する位置により形を変えられるため、左右の乳房のバランスが取れていない場合にバランスの取れた胸を作るためにはおススメです。
1回の施術費用は安く、時間も約10分とごく短時間で行われます。術後の腫れも1日程度で痛みもほとんどありません。しかし永続的ではなく、効果の持続期間は2~3年なので、効果の維持のためには定期的に注入する事が必要です。

脂肪注入

脂肪注入は、自分の脂肪を使ってバストアップをはかる方法です。
脂肪が付きすぎていると思う部位から脂肪をとって胸に注入します。メスを使うことの無い施術方法であり、人工バッグを胸に入れることに抵抗がある人にはお勧めの方法です。脂肪をとってくる場所はお腹やお尻、太ももなどであり、吸入した脂肪をバストに注入します。もともと自分の体内に存在していた脂肪を注入するためアレルギーの心配もなく、豊胸術の中ではもっとも自然な方法といえます。注入した脂肪の定着率は4~6割と高く、定着した脂肪は半永久的です。近年では再生医療と掛け合わせた方法も多数登場しており、定着率が高まっているので、予算を考えながら検討してみるといいでしょう。