アンチエイジング

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、注射1本で手軽にしわやたるみを改善することができる方法です。ヒアルロン酸という成分はもともと肌の奥の組織に存在している成分であり、肌のハリや弾力を保つ働きを担っています。ヒアルロン酸の生成量は20歳を過ぎると加齢と共に年々減少していき、肌からはハリや弾力が失われていきます。
ヒアルロン酸注入は、加齢と共に減少したヒアルロン酸を、注射器によって注入して補うことができる、手軽なアンチエイジングの方法です。美容整形のあらゆる場面で活用されている方法であり、目の下のクマやほうれい線などの解消のためにはおすすめできる方法です。
さらに、ヒアルロン酸はもともと肌に存在する成分であるため、注入する事によって拒絶反応などが起こる心配のない安全な方法となっています。メスを使うこともなく、10分程度の短時間で施術が終わり、腫れなどもわずかしか起こらずメイクもすぐに可能です。効果の持続時間は半年~一年であり、効果の持続のためには定期的に注入する必要があります。

ゴールデンリフト

ゴールデンリフトはメスを使わずにたるみを解消したい人にお勧めの方法です。アンチエイジングの方法にはサーマクールやポラリスがありますが、半永久的にたるみを改善していくためには、やはりフェイスリフトがお勧めです。フェイスラインや首、口元に現れるたるみを解消することができます。
従来のフェイスリフトではメスを使う場合が多かったのですが、ゴールデンリフトではメスを入れずに行う事ができるようになりました。美肌効果のある金の糸を真皮層に埋め込む事によって、フェイスリフトと同様の効果を得る事ができるのです。施術時間も30分ほどと短めになっています。
メスを使った方法に比べると即効性の点で劣るものの、最終的には変わらない効果が得られ、また3ヶ月くらいかけてじわじわと効果がでてくるため、人に気付かれにくい事が却って好まれることもあります。

1.なぜその手術をやろうとしたか   毛穴のいつも広く開き、肌が乾燥するのが悩みでした。     いろいろなコスメや美顔器を試して頑張って保湿していたのですが、もともと肌のキメが浅く乾燥しやすいとコスメカウンターなどの肌診断で言われたことがあります。   外から塗り込むだけでは、その時はうるおったように思えても、根本的な解決にはなっていないような感じがしていました。   何か良い施術はないかなとネット検索していると、ヒアルロン酸を肌にまんべんなく注入して肌質改善を図る水光注射が目に入りました。   前から気になってはいたのですが、痛いと聞く上に1回当たり、平気で8万円などという高 ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   ボトックス注射に興味を持ち始めたきっかけは、「食いしばり」でした。   ギリギリと音を立てるほどではないのですが、寝る時には常に口が閉じ、そして奥歯をぎっちりと噛んだ状態でした。   口を開けたまま寝ようとしたり、逆に寝る直前に割り箸などを強く噛んだりして対処したのですが、気づくと歯をグッと噛み合わせています。   マウスピースも、結局のところ噛んでしまうことに変わりはありません。   マウスピースは歯を守るためのものであり、食いしばりを根本的に解決するものではないのです。   私が食いしばりの結果悩まされている肩・首こりからくる頭痛には効果が ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私はあごが大きく丸く、顔の下半分がもたついた輪郭がコンプレックスでした。     あごや口周りがキュッと引き締まったシャープな輪郭になりたくて、小顔マッサージや表情筋トレーニングなどを試しましたが、顔の形は変わりませんでした。   あるとき、顔の輪郭へのコンプレックスが爆発する出来事がありました。   憧れていた男性に告白した結果……   「悪いけど俺、綺麗な子や可愛い子が好きなんだよね」   と、容姿が原因でフラれてしまったんです。   もともと顔に自信があったわけではありませんでしたが、大好きだ ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   以前から、少しあごを前に出したいと昔から考えていました。   石原さとみさんのような、ツンとしたあごを理想に思っていました。     でも、個人的には「地味なあごだな」と、少しコンプレックスに思っていました。   以前に一度あごにヒアルロン酸を打ったことがありますが、高かったわりにはすぐに吸収されてなくなってしまったため、その後はヒアルロン酸の注射は繰り返さず、プロテーゼ挿入がいいのではないかと思い調べていました。   ところが、プロテーゼの手術は骨膜をはがす必要があります。   麻酔は打つものの、意識がある状態で受ける ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   学生時代に激しいスポーツをしていた私は、顔に力を入れるクセがありました。   そのせいでしょうか、若いころから眉間や鼻根にうっすらと表情ジワが浮き出ていました。   20代後半になるとほうれい線のしわ、眉間のしわ、鼻根のしわなどが目立つようになり、鏡を見るたびに気になり、ため息をついていました。   また、屋外にいるとき、友人に「まぶしいならサングラスをかけたら?」と言われることが何度かありました。   その時は別にまぶしくないのにな…と思いました。   でも後から考えれば眉間にしわが寄っていることで眩しそうな表情になっていたのだと気づいたんで ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   20代後半から、徐々にほうれい線が気になってきました。   フェイスラインのたるみはそんなに気にならないのですが、ほうれい線ができやすい骨格なのか、無表情でいてもほうれい線がくっきりと見えるようになりました。   特に、地下鉄の窓に映る自分の顔のほうれい線が嫌で嫌で…。   毎日の通勤の度に見て暗い気持ちになっていました。   同じ悩みを抱える友人が、私よりも先にほうれい線にヒアルロン酸を注入する治療を受けていました。   その友人のほうれい線は確かに薄くなりましたし、「全然痛くなかったからとりあえずやってみたら?」とお勧めされたので、興味を持 ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私は30代前半で「ショッピングリフト」を経験しました。   美容整形で顔のたるみを解消する施術法は数多く存在します。   しかし、例えばヒアルロン酸の注射は安いものの副作用が心配。   高度な医療機器を使うのは副作用の心配が比較的ないイメージでしたが、数十万円もかける余裕はありません。   なんとか十数万円程度の価格で済むような美容整形の方法はないか…と考えた結果、針や糸を顔に入れてたるみを治してもらおうと決心しました。   これから書く体験記で、針や糸を使う施術の中でもショッピングリフトを利用することにしたきっかけを紹介していきます。 ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私はどちらかというと色白な方ですが、元々あまりしみはできない肌質なのかほとんど気にすることはありませんでした。   しかし年を重ねるにつれて、いくつか顔の肌にしみが目立つようになってきたのです。   しみが目立つと感じはじめたのは、もしかしたら顔全体にくすみが出てきて顔の明るさが落ちたからかもしれません。   そう思って、まずはクリニックで光治療のフォトフェイシャルを受けました。   気になるしみも、フォトフェイシャルを一通り続ければ、けっこう薄くなるのではと期待しました。   会社の先輩もしみに悩んでいてフォトフェイシャルを受けていたのですが ...

1.なぜその手術をやろうとしたか   私が小顔レーザーをやると決めたきっかけは、25歳の時、すっぴんでふと鏡を見たときに自分のほうれい線と目元のシワ、やや頬が垂れていて、驚いたことでした。   私は大学を卒業してから4年間、営業職をしていました。   そのため、毎日6:30出勤、仕事が終わって自宅に到着するのは23時過ぎで、休日は月に2日程度だったため、自分の老化現象に気づかずに3年間過ごしてきました。   ただ、営業職だったので、「外見には気を配るように」と上司から日々言われていたこともあり、メイクは毎日していたので、日中鏡を見ても、自分の老化に気づくことがありませんでした。   確かに思い返して ...